武学断食@熱海合宿のご案内

太陽と土地のエネルギーにあふれた熱海の地で、食と礼法によるデトックスを通じ、免疫力をアップする日間 ※定員20名

 

熱海断食道場とは

熱海の地に45年、国内老舗の熱海断食道場。

そして、日本で初めて半断食を推奨した道場でもあります。歴史のある熱海断食道場は、本当の断食を味わえる稀少な場所。

平成25年、創立者「牧内泰道」が今世を卒業。
平成28年、最後の弟子ある「藤野幾三」が道場長に就任。

道場長「藤野幾三」は「沖正弘」・「牧内泰道」が受け継いだヨガの極意を継承している唯一の人物です。

新しく生まれ変わり、進化した熱海断食道場。
人生をもう一度飛び出し、本当の人生を歩む礎を作り上げてはいかがでしょうか。

本物のマクロビオティックに則した断食、個人に合わせたヨガ食。

それらを見極め、個々のお体に合わせた断食指導をいたします。あらゆる病気、怪我、事故、これらを解決する方法を心得ています。

断食道場のある熱海はもともとエネルギーの高い土地であり、断食道場の床下には一面に木炭が敷き詰められ、建物は檜や天然素材のみで造られているので、道場にいるだけで元気になる人も多いです。

さらに、毒素が溜まっている人は逆にそこに居るだけでデトックスが始まって、ぐったりする人もいます。

熱海断食道場はそこにいるだけでデトックスが起こり、元気になっていく空間なのです。

それは、参加者の体験談が裏付けています。

参加者の多くは場のエネルギーでデトックスを体験し、人によっては急速に体重が落ちたり、思考がクリアになったり、日常ではなかなか体験できない経験をされています。

 

半断食によるデトックス

断食は古来我国のみならず、世界の各地において行われてきました。断食は体質改善の秘法であり、難治・根治の決め手とも言われています。

動物は体調が悪いときは、食事をせずじっと治るのを待っています。本能的にわかっているのです。

通常の断食は、水分のみを入れるという事を行いますが、宿便は取れますが、血液が濃くなりません。

半断食では、少しだけの玄米菜食を摂ることで、疲労した内臓に休息を与え、まず腸をきれいにします。そしてよい血液を造ることで、体内の毒素や排せつされ、新陳代謝も進み、デトックスされていきます。

薬が病気を治すのではなく、自分の良い血液が治してくれます。半断食はある程度の水分は入れますが、必要以上の水分は摂りません。

空腹感は少なく、無理なくデトックスできる優れた方法です。
もちろん、体質や体調などの個人差、目的によって半断食の内容も変わってきます。経験豊富な道場長が各自に合わせて指導していきます。

 

免疫力アップ

今、新型コロナウィルスの感染拡大が大問題になっていますが、同じ環境にいても発症する人と発症しない人がいます。その違いの大きな要素は免疫力の違いです。

そして日本は海外と比べて、なぜ重症化率や致死率は低いのか?

それは欧米の殺菌文化と日本の微生物文化の違いで、日本は発酵食品などまだまだ微生物文化が根強いのが大きな要因と考えらます。梅干しや味噌にウイルス防御効果があることは、研究でも認められています。様々な常在菌や善玉菌も周りにたくさんあることが重要であり、究極的にそれはウイルスでも同じなのです。

ウィルスを殺菌しようとするのではなく、共存共生しようということです。

微生物がたくさんいる場所、そしてよい食事を摂り、毒素の排せつをすることで免疫力をアップさせます。特に今回は体調に合わせて新型コロナ対策断食をやる予定です。

 

礼法とは

この合宿では「断食」と「礼法」の2つのアプローチで心身のデトックスを加速させていきます。

その主軸になる礼法についてまずはご説明します。

礼に始まり礼に終わるという言葉は誰もが一度は聞いたことがあるのではないでしょうか?
柔道や剣道を始めとした武道や茶道、華道でも重要とされ、必ず最初と最後に礼をします。

きっちりと礼をすることで、場が引き締まり、心が正されるような感覚を感じませんか?
なので、礼をすることに対する違和感はあまりないと思います。

また、挨拶するとき、特に目上の人やお客様にはきっちりと礼をします。
また、お詫びをするときに礼をしない人もいないと思います。
礼はなぜか自然に我々の生活に沁みついています。

ところで、なぜ礼が重要で、どのような意味があり、どのような効果があるのでしょうか?
これだけ礼をしているのにも関わらず、このことを教えてくれる先生はほとんどいません。

実は礼には正しいやり方があります。

正しい礼をすることで、自分の心身が整い、また相手との人間関係もよくなるのです。

というのも、正しい礼をすることで、本来見えないはずの「思考」「感情」「雰囲気」などをニュートラルに戻す効果があるのです。

この世界の97%は「見えない何か」でできています。
空気にせよ、他者とのつながりにせよ、重力にせよ、見えないけど確かにそこにある何か。

礼法はこの見えない何かにアプローチする唯一の方法です。

武学体術の基礎である礼法は身体の反応をチェックしたり、体術を使って体感で証明していきます。

誰でも何回やっても同じことが起こり体感できるので、科学的でもあります。

逆に正しくない礼をやっても、あまり礼による効果が出ません。

これも実証されています。

このように正しい礼は礼法として体系化されています。

毎朝正しい礼を行うことで、心身が整った状態で一日をスタートできますし、一日の間に何回も礼をして、常に心身を整った状態を保つことができるとしたら、素晴らしいことではないでしょうか?

自分の思考。感情。見えないけど確実に存在する何かにアプローチする方法、それが礼法です。そして、礼をすることでストレスが解放され、エネルギーが通ることで免疫力もアップします。

合宿中に武学礼法の中でも最高峰と位置付けられている天人統合禮法を学んでいただけます。

 

掃除行法による修祓場浄

修祓(しゅうばつ)とは神道の用語で「みそぎ払いをする」という意味です。

みそぎ払いというと、あまり馴染みがないかもしれませんが、いわゆる「お掃除」のことです。お掃除をすることで場が清まること。これを修祓場浄(しゅうばつばじょう)と言います。

日常生活でも、お掃除をしたらなぜか「何となくスッキリした」という感覚を感じたことがことがあるのではないでしょうか?

よくお掃除は心もお掃除してくれるなんていう話がありますが、まさしく自分の外側の世界をキレイにすることで自分の内側の世界もキレイになるのでしょう。

断食合宿では、毎朝必ず掃除行法を行い場を清めるところから1日をスタートします。場を清めるのと同時に自分の内面も清めていく。

すると、たとえざわついていた心も鎮まり、穏やかな気分になり心のモヤモヤも晴れていきます。場と人は一体ですから、そうやって清まり整った人がいる場で過ごすことでよりデトックスが加速することになります。

 

礼法と断食のコラボの意味

礼法も断食も共にデトックスにより、心身を整えていきます。

礼法は見えない何かをデトックスしていく。
断食は目に見える何かをデトックスしていく。

断食だけでは得られない、深いデトックスを体験できるのがコラボの最大の魅力です。

これまでの日本社会を覆っていた新しいものをどんどん生み出し、増やしていくという流れ。それがここ最近では、減らしていく方向に動いています。

ものが多すぎるのです。
ものが多すぎるあまり、私たちは感謝の気持ちを忘れてしまいがちです。

「ある」ということを知るためには、減らしていかないといけないのです。

断捨離という言葉が流行っていますが、今の自分に不必要なもの・情報・記憶・感情、全てを手放すことで、新しい何かが手に入るのではないでしょうか?

そこで、断食合宿では、新しいものをどんどん入れていくという発想ではなくて、余分なものや後から付け加えて物を外していくことで、本来持っていたものに気付くことを目指します。

「足るを知る」

今あるもので十分に幸せであること。
そこに気づくためにはデトックスが最良の方法と言えます。

今神社参拝が流行っていますが、神道でいうみそぎと同じ考え方です。健康な体に健康な精神が宿る、というのは本当です。

この合宿では、熱海断食道場という場の力、半断食での食による体質改善、礼法で肉体と精神を整える、これを同時並行で進めます。

またここで学んだことは、日常に戻っても活用できます。

その他のメニュー

〇洗腸

 番茶を使って浣腸により腸を洗います。希望者のみ体調を見ながら道場長の指導により実施します(別途費用)。終了後器具はお持ち帰りいただけます。

〇海砂潜り(夏季限定)

 砂浜で砂に埋まります。断食7日間の効果があるというデトックスです。

天人統合禮法の基礎(礼法)

武学礼法の最高峰とされる礼法。正しい礼を実施することで、心身をニュートラルにリセットすることができます。

インパルス療法

特殊な周波数(国際特許エムキューブ波)の流れるグローブで、患者様のインナーマッスルや脳を刺激し、即効痛みを改善するだけではなく、自律神経を整え、自然治癒力を取り戻す根本的な施術方法です。

寺田整骨院総院長である寺田猛先生が、8年前より寺田整骨院の患者様のべ4万人と、K-1世界王者をはじめ多くの一流アスリートたちの施術から作り上げた方法です。

〇検身術

筋反射を使って、身体の反応から状態を確認していきます。心と身体は繋がっており、身体を整えることで心も整います。いろいろなワークをしていく中で、心と身体が整ったかどうかチェックする方法が検身術です。

〇身体の緩め方

身体のどこかにこわばりがあり、緊張した状態だと、身体に不調が発生したり、心にも乱れが発生します。身体を緩める方法を身に付けて、リラックスしましょう。

〇神社参拝法

神社は何をしに行くところなのか?願いことをするのでもなく、誓いをたてるのでもなく、あることをやりにいきます。実践でお伝えします。

合宿の詳細

武学断食合宿の開催予定はこちらからご確認ください。それぞれ2泊3日です。

場所は、熱海断食道場(住所:静岡県熱海市伊豆山1062-1)で定員は20名となります。

初日

初日は13時半までに断食道場に集合してください。断食道場までは熱海駅からタクシーで10分ぐらいですが、駅で集合してみんなでタクシーで乗り合わせする予定です。マイカーでもOKです。

合宿ではまず目標ダイエットキロ数などの目的・目標、そして現在の食生活や体調などを記入していただき、それを元に道場長が一人一人面談して、個人ごとの指導メニューを作成していきます。

毎朝体調報告をしたり、日常の体調を見ながら、個別対応をしていきます。また、3日目にも道場長と面談を行い、今後の食生活等の指導を行ったり相談に乗ったりします。

2日目・3日目

2日目、3日目は毎朝5時半に起きて、6時から朝の体操をやり、掃除をしてから、朝のお茶を飲みます。

12時には昼食(半断食食)を食べます。夕方6時に夕食(半断食食)です。夕食後はシャワーを浴びて、21時は就寝となります。

午前と午後の時間で講義やワークをやっていきます。

下記は講義・ワークの例です。

何をやるかは参加者の体調や要望を見ながら決めます。

  • 道場長による免疫力アップ講義
  • 断食道場式料理教室
  • 礼法(天人統合禮法)の体験会・ベーシック講座
  • 身体の緩め方
  • 検身術(身体の状態をチェックする方法)
  • 神社参拝法(近くの伊豆山神社に散歩がてら参拝します)
  • インパルス療法の体験会
  • 砂浜歩き(砂浜を裸足で歩くことで足の裏から毒素を抜く)
  • 洗腸(希望者のみ。体調により実施可否を判断)※料金別途
  • 海砂潜り(夏季限定。希望者のみ。体調により実施可否を判断)※料金別途

3日目の昼食後、面談などをしながら順次現地で解散していきます。

以上、2泊3日の合宿となります。

 

詳細

開催予定の日程はこちらをご確認ください。

参加費用(事前振込み)

2泊3日 30,000円(税込み33,000円)

定員20名

熱海断食道場 静岡県熱海市伊豆山1062-1

※集合時間や詳細日程などは申込みいただいた方にメールをお送りします。

 

既に定員が埋まりつつあります。
ご希望の方はお早めにお申し込みください。

***申し込みはこちらから***

 

p.s.

武学断食に参加後は『武学断食倶楽部』というfacebookコミュニティに参加できます。
こちらでは、実践報告や気づきのシェアの他に藤野幾三道場長へ直接質問することもできます。

また、月1回道場長をお呼びしてZOOMミーティングも開催しています。

今のところ、合宿参加された方は無料でご参加いただけます。(人数が増えてきた場合、道場長のご負担も考え今後有料化する可能性もあります。)

 

主催者プロフィール

主催 酔八仙之術推進委員会
推進委員長 岡室昇志

武学者であり武術の達人であるレノンリーが体系化した「酔八仙之術」を世に広め、より良い世界を創る指導者を育成するために結成された。

志を明らかにし、時代の先頭を歩く指導者の育成の場を提供し、より良い世の中にするために日夜活動する、新時代の活動家を多数輩出している。

事業母体 株式会社ライフアップ 大阪府高槻市唐崎中3丁目20−5

***申し込みはこちらから***

 

参加者の声

R.Tさん(埼玉県)

昨日まで3日間。みっちりと断食合宿。
身体をフルに使って「感じる」「感じる」「感じる」ということを探求する中で、自分はいかに自分の身体の声を無視していたのかを感じ、本当に申し訳ないコトしてきたなと反省。

身体の声を無視し続けた結果が今の自分。そのことにもまた意味がある、そんな感じ。断食って、ただ食を断つというより、「食」を通じて自分の身体との対話をより繊細に、より深くするためのツールなのかなと感じました。

 

ここまで自分の身体に意識を向け続けた3日間は今までになかったので、非常に有意義な時間でした。

自分と向き合い、志に生きている自分の臨場感を高めるという目的で参加しましたが、それ以上に重要な成果を持ち帰ることが出来ました。

自分の身体の声を聴くということがどれだけ重要か、そして今まで出来ているようで全然できてなかったこと、が認識できました。これからは、自分の身体の声をより正確に聞き出し、なるべく身体の声に従って生きていきます。

その結果、より志に生きている自分の臨場感も高まり、そしてより志に生きている自分を体現できる氣がしています!なんか、新たな氣持ちで1日を始められていて、非常にワクワクうきうき、楽しいです!

T.Lさん(伊丹市)

この3日間正直皆さん稽古より以前に、身体にあった料理を食べ、砂に入り身体の毒素を出したりしてとても稽古できる状態じゃありませんでした(^^;

僕も1日目は全く問題なかったのですが、2日目から一気にデトックスが始まり1日の半分以上を睡眠にとりれました。

ですがそのおかげか倦怠感(毒素吐き出し中)終われば逆に凄く身体が軽くなりとても楽になりました。本当にたったの3日間なのに身体の浄化が始まり、今日は神社で志も奏上したのでとても素晴らしい合宿でした。

もし興味を持ってる方は是非断食道場武学合宿やってみて下さい

 

玉置さん (千葉県流山市)

昨日まで、熱海にて二泊三日で断食合宿に参加してきました。初めての本格的な「断食」。いやー、思ってたより数倍きつかった。日頃の行いが悪かったせいか、好転反応がきつくて、2日目、3日目と徐々に体調が悪化。

 

断食って、ダイエット目的でやるものだって、何となく思ってたけど、全然それだけじゃないんです!

 

例えば、血を綺麗にして、自分の体調を根本的に整えて病氣を改善したり、はたまた、今までの自分ではない自分に出会ったり、また、自分をより深く探求し自分の知られざる部分を知ったり、身体と真剣に向き合うことで、本当の自分に出逢う。そんな貴重な時間になりました。

 

何より、同じ方向性を向いてる同志と同じ時間を共有して、稽古したり、寝たり、食べたりと、素晴らしい時間を過ごせました!いやー、前回も思ったけど、しばらく断食は、、、。でもすごく今体調が良いので凄いですねぇ。断食、おススメです!

 

加藤さん(埼玉県所沢市)

【熱海断食道場での武学合宿】

興味はありながらも、地味に食いしん坊ゆえに避けてきた断食へ初挑戦!その場所は、40年以上の歴史を持つ熱海断食道場です。といっても、考え方は石塚左玄氏が創始者の【食養】であり、 何も食べないわけではありません。

 

身体に必要なエネルギーを、最小限のエネルギーの高い食で賄うのです。すると、 普段消化に使っているエネルギーが体内浄化に回り、体内の余分な細胞を良質な血液に再生し始めるので、結果として体重が減ります。

 

なので、表面的にはダイエットや美肌効果が得られるかもしれませんが、その本質は食を正す事による自己の浄化や再生、食への感謝なのだと思います。そこを履き違えると、目的を忘れて術に溺れてしまうでしょう。

 

ちなみに、こちらの道場は食養や沖ヨガなど、様々な食に関する【本家本元】を継承し、実直に実践されている道場です。立地している熱海は西側に山がありエネルギーが良い場所ですし、道場自体も土地に炭が敷き詰められ、木材は天然の 檜のみと、場としてもパーフェクトです!

 

 

坂口さん(富山県)

あの断食から3日が経ちましたが、僕の身体にいくつか変化が。1つはとにかく胃が小さくなったこと。ラーメン大盛りにライスなんて余裕だったのですが、今日お昼に食べた唐揚げ弁当ですらきつくて残したくなるくらい…

 

これまでどんだけバカ食いしてたんだと改めて実感。2つ目は肉がきつくなったこと。試しに松屋で牛丼の小を食べてみました。すると、まず匂いで「ん?」となり、食べてみるとなんかお腹が受け付けていない感じ。3口くらいでちょっと気持ち悪くなり、ギブアップ。

 

いまの自分は欲してないんだなと思い、こういう体なら、より自分に合ったものを選べそうです。とは言っても断食後に食べたタンメンはめちゃくちゃうまかったなー。笑

 

既に定員が埋まりつつあります。
ご希望の方はお早めにお申し込みください。

2泊3日  30,000円(税込み33,000円)要・事前振込
※定員20名

***申し込みはこちらから***

 

タイトルとURLをコピーしました